RSS

スポンサーサイト

2014.02.09 Sunday││-│-│

一定期間更新がないため広告を表示しています



烈さんがランニングシューズ装備したら波乗り必要ないなwww


190 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 13:37:45.92 ID:f5Kabjie0

>>1です
第三話、書き終えました



191 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2011/02/13(日) 13:43:58.30 ID:4o7FHN5xi

ニタァ〜l


196 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:31:41.90 ID:f5Kabjie0

第三話『ジムリーダー』

2番道路・道中

烈「ふゥ、これで4人目……未だに私のポケモンに触れられる者が居ないとはッッ……!」

烈「ポケモントレーナーのレベル……こんなものかッッ!!」

雑魚トレーナー1「何じゃあいつのポケモン……どういう鍛え方したらあんな動きが出来るんだよ……」

雑魚トレーナー2「しかも攻撃はやたら強いし……肉弾戦の技の威力もキレもパネェ……」

雑魚トレーナー3「さっき通った女の子も結構強かったし……何なんだ今日は……」



197 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:32:58.97 ID:f5Kabjie0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

2番道路・出口付近

烈「〜〜♪」スタスタ

白母「あっ!!烈さ〜ん!!」ちりんちりん

烈「むッッ!奥方ッッ!!なぜ自転車でこの様な所にッッ!?」

キキーッ

白母「注文していた物が届いたから、用事ついでに……ね?」

烈「それはかたじけないッッ!!して、注文していた物とは……ッ?」

白母「じゃーん!ランニングシューズです!烈さんの足のサイズに合うやつを急いで注文したんですよ?」

烈「成程、あの時か……ッッ!!」



198 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:35:32.07 ID:f5Kabjie0

烈「では有り難く頂こうッ……拳法靴で長旅は少々酷なものでなッッ!!謝謝ッッ!!!」ニィッ

烈はランニングシューズを手に入れた!

白母「いえいえ、どういたしまして。あぁ後これも。烈さん急いで飛び出しちゃったから渡しそびれちゃって……。」

烈はタウンマップ・ライブキャスターを手に入れた!

烈「雄雄雄ッッ!!これはかたじけないッッ!!」

白母「タウンマップがあれば、大分旅も楽になるでしょう?あと、ライブキャスターはテレビ電話みたいなものね。」



199 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:36:14.77 ID:f5Kabjie0

白母「チェレンやベルや博士の番号は登録しといたし、みんなこの番号は知ってるわ。何かあったら連絡取れるようにしといたわよ。」

烈「何とッッ……!!何から何まで済まないッッ!!」

白母「それで、旅の方は順調ですか?」

烈「ふむッ、順調かどうかは置いておいても、中々楽しいものですッ……しかし私の目的はッッ……!!!」

白母「ホワイトの事ですよね……私、何だか大丈夫じゃないかなって思えるようになったんですよ……」

白母「例え貴方と入れ違いになって、貴方の世界に行っているとしても、貴方の周りにそんな大層な悪人は居ない筈ですし……ッ!」

烈「うむッッ!!それは保障致しますッッ!!!」



200 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:37:30.34 ID:f5Kabjie0

白母「仮にもっと別の所に居たとしても、あの娘ならちゃんとやっていけてる筈……だって、私の娘ですもの……ね?」

烈「ははッ……それは間違いないですなッッ!!」ニカッ

白母「そう言う訳ですッ……烈さんは、あなたの旅を楽しんでください。あ、たまには家にも寄ってくださいね?」

烈「ハハ……もちろんそうさせて頂きますッッ!それでは、帰りの道中もお気をつけてッッ!!再見ッッ!!!」

白母「はい、それじゃまたね、烈さん」

ちりんちりーん



201 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:39:32.50 ID:f5Kabjie0

烈「さて、このランニングシューズの履き心地ッ……雄雄雄ッッッッ!!!!軽いッッッッッ!!!!!」

烈は凄まじい勢いで、辺りを走り回った!

烈「ふははははは!!!軽いッッ!!軽いぞッッ!!!この機動力ッッ!!!ふははははッッッ!!!!」シュタタタタタタタタ

雑魚トレーナー1「な、何なんだあいつ……」

雑魚トレーナー2「こわい」

雑魚トレーナー3「大丈夫なのか……?」


ベル「あ、烈さんだ〜!何やってんの〜?」



202 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:40:23.06 ID:f5Kabjie0

烈「おッ!ベルじゃないかッッ!!いやな、ホワイトの母上からランニングシューズを貰ってな!」

ベル「どれ〜?あ、ほんとだ〜!烈さんに会ってるよ〜(*^-^*)」

烈「はっはっは、そうだろうッ!すこぶる調子が良いので試しに走っていたのだッッ!!」

ベル「あはは……。」

烈「ところで、どうだ?調子の方は?ポケモンは集まったか?」

ベル「あっ、そうそう、それだよ〜!あのね、私烈さんと勝負したいの!(>o<)」



203 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:41:34.13 ID:f5Kabjie0

烈「(ピクッ)勝負……?最初の勝負から、まだあまり時間は経っていないが……良かろうッッ!!その勝負、受けて立とうではないかッッ!!!」

ベル「そうこなくっちゃッッ!!!」

ポケモントレーナーのベルが勝負を仕掛けてきた!



204 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:42:47.11 ID:f5Kabjie0

BGM: ttp://www.youtube.com/watch?v=oZ_K7dgYPRY

烈「お手並み拝見と行こうッッ!!ゆけィッ!!ポカブッッ!!」

ベル「え〜と、えっと!じゃぁ私が初めて捕まえたポケモンで!行けっ、ヨーちゃん!」

烈はポカブを繰り出した!

ポカブ「ぽかぁっ!!」

ベルはヨーテリーを繰り出した!

ヨーちゃん「きゃんっ!きゃんっ!」

烈「ほぅっ……ヨーテリーか!面白いッッ!!」

ベル「うわっ、いきなりポカブ〜!?でもヨーちゃんだって私が初めてゲットしたポケモンなんだから!負けないんだもん!」




4 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 14:54:10.87 ID:O5Jrw08i0

烈「ポカブッッ!二段蹴りッッ!!」

※二段蹴り(オリジナル技) 威力:40×2 命中:90 タイプ:格闘 備考:タスキ、頑丈通過

ベル「ヨーちゃん!体当たり!」

ヨーちゃんの体当たり!

ドムッッ!

ポカブ残りHP2/3

ポカブの二段蹴り!

ベシィッ!バヂィッ!

効果は抜群だ!ヨーちゃんは倒れた!



5 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:55:09.32 ID:O5Jrw08i0

トリつけ忘れてたww



ヨーちゃん「きゅぅぅぅぅ……」

ベル「うえぇ〜、何かポカブが凄い技使ってる……!」

烈「どうしたッ!そんなものかッッ!!!」

ベル「……ま、負けないもんっっ!行け、ツタちゃん!!」

ベルはツタージャを繰り出した!

ツタちゃん「た〜じゃっ!」

烈「ほぅ……ならばポカブは一旦戻そうッッ!ゆけっ!ヨーテリー!」

ヨーテリー「わん!わん!」



6 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:56:10.23 ID:O5Jrw08i0

ベル「ヨーテリー……でもツタちゃんより素早くはないっ!ツタちゃん!成長!」

烈「やはりそう来たかッッ!ヨーテリー睨みつけるッッ!!」

ツタちゃん「シャァァァ……!」

ツタージャは成長を使った!攻撃と特攻が上がった!

ヨーテリーのにらみつける!ツタちゃんの防御が下がった!

ベル「ツタちゃん!つるのむち!!」

烈「ヨーテリー!体当たりだッッ!!」



7 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:57:07.85 ID:O5Jrw08i0

ツタちゃんのつるのむち!ヨーテリー残りHP1/2

ヨーテリーの体当たり!ツタちゃん残りHP1/3

烈「うむ……良い攻撃だッ!ベルッッ!」

ベル「あと一回攻撃が当たればヨーテリーは倒せる……!ツタちゃん!もう一回つるのむち!」



8 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:58:09.24 ID:O5Jrw08i0

烈「フム……ヨーテリー、今一度体当たりだッッ!」

ツタちゃんのつるのむち!ヨーテリー残りHP2

ベル「嘘っ……耐えられた……!」

ヨーテリーの体当たり!ツタージャは倒れた!

烈はポケモントレーナーのベルとの勝負に勝った!



9 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 14:58:37.63 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

ベル「うぅぅ〜〜……今回は勝てると思ったのにぃ……(´;ω;`)」

烈「いやいや、ベル、良い勝負だった。油断していたら私が負けていただろうな……」

ベル「ツタちゃんもヨーちゃんも頑張ったのに、私がダメダメなんじゃぁ……」

烈「そんなことはないぞ、ベル。」

ベル「えっ……?」

烈「私もベルも、トレーナーとしてはまだまだ非熟練者だ。それは分かるな?」

ベル「うん……」



10 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:00:12.58 ID:O5Jrw08i0

烈「つまり、最初のうちの差なんて僅かなものなんだ。今の私とベルとの間に差なんて殆ど無いんだ。」

烈「しかし、これから鍛錬を怠りながら何となく旅をしていっても、絶対に強くならない。」

ベル「うん……」

烈「確かに最初のうちは少々の差があるかもしれぬが、それにヤル気を無くしてしまって稽古を怠ると、ちゃんと稽古を行っていた者と大きな差が開いてしまうことだってあるんだ。」

烈「ベルにはポケモントレーナーの才能がある。それは君のツタージャとヨーテリーを見ていれば分かるさ。」



11 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:01:28.89 ID:O5Jrw08i0

烈「だから、自信を持って、たくさん稽古をするんだ。そしてたくさんバトルをするんだ。勝ったり負けたりしていく中で、たくさんの事を考えて、色々学ぶ事になるだろう。」

烈「そうすれば、ベルは必ず強く良いトレーナーになれる。私が保証するさッ!」ニィィッ

ベル「烈さん……ありがとう!(*^o^*)」

ベル「私、もっともっとたくさん訓練するっ!一杯ポケモンと出会って、仲良くなって、そんでいつか絶対に烈さんに勝つんだからっ!」

烈「はっはっは!その意気だッ!」



12 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:02:54.40 ID:O5Jrw08i0

烈「まぁ最も、私は君に負ける気はしないけどなッッ!!」ニィッ

ベル「そんなことないもん!絶対に勝つまで勝負挑むんだからねっ!!」

ベル「それじゃ、私は先に行くね!ポケモンジムに挑戦するんだー!」

烈「応ッッ!私はもう少しここを探索してから行く。ここでお別れだなッッ!!」

ベル「バイバイ烈さん!」タッタッタ……





13 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:03:22.91 ID:O5Jrw08i0

烈「ベル……これで元気を取り戻してくれれば良いが……ちょっと大人げなくやりすぎたかな……?」

烈「さぁ、私のポケモン達よ!少しここで鍛錬したら、新しい町だッッ!!」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サンヨウシティ・ポケモンセンター前

烈「よし、ポケモンも回復させたし……町の探索に行くかッッ!!」ワクワク

テクテクテク

烈「むっ、隣はサンヨウシティジムッッ・・・・・ベルはもう挑戦しているのかな、ちょっと覗いて……いやいやいや、いかんいかん。」

烈「こんなに過保護?じゃ彼女の成長にならぬ。今はグッと我慢だ。」



14 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:03:55.38 ID:O5Jrw08i0

烈「……む?ジムの扉に何か貼って……」

『留守にしています。御用の方はごめんなさい。サンヨウシティジムリーダーデント・コーン・ポッド』

烈「留守……か。心配して損したッッ!!」

テクテクテク

烈「おっ、ここは……トレーナーズスクール……ふむふむ、興味深い。覗いてみるか。」



15 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:05:17.04 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サンヨウシティ・トレーナーズスクール

烈「御免ッッッ!!!!」バァンッ

受講生達「ビクゥッッ」

受講生A「な、何だあのガングロなおっさん……」

受講生B「しらねーよ、つーか声でけー……」

受講生C「こわっ」



16 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:05:45.54 ID:O5Jrw08i0

烈「むっ、少し派手に挨拶しすぎたかな……」

チェレン「何やってんのさ、烈さん……」

烈「雄雄ッッ、チェレンじゃないかッッ!!そうか、君もサンヨウシティに来てたのかッッ!!」

チェレン「まぁ僕もジムリーダーに挑戦するつもりだしね。その前にトレーナーズスクールでポケモンのお勉強って訳さ。」

烈「ふむ、研究熱心で良い事だなッッ!!」

チェレン「烈さんは、ジムリーダー探しに来たの?」

烈「いや、町の探索だッッ!!やはり初めての町は地理に戸惑うからな、いつ敵が攻めてきても大丈夫なように備えておくのだッッ!!」



17 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:07:28.04 ID:O5Jrw08i0

チェレン「(敵って誰だよ、攻めてこねーよ)へ、へぇ〜、そうなんだぁ……」

烈「まぁこれがこの世界では楽しみな事になったのだがなッッ!!」ニカァ

チェレン「(相変わらずこわっ)……まぁ良いや。ところでさ、烈さん。」

烈「何だ?チェレン。」

チェレン「僕と勝負してくれないかな?ポケモンは知識も大切だけど、やっぱり実戦あるのみだ。勝負の時に、どれだけ道具が重要か試したいんだ。」

烈「ほほう……良かろうッッ!!受けて立つわッッ!!」

チェレン「よしッ!行くよ烈さんッッ!!」



18 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:08:02.88 ID:O5Jrw08i0

ポケモントレーナーのチェレンが勝負を仕掛けてきた!

BGM: http://www.youtube.com/watch?v=oZ_K7dgYPRY

烈「ゆけッッ!ヨーテリーッッ!!」

ヨーテリー「わんわんっ!」

チェレン「いけッ!ミジュマルッ!」

ミジュマル「みじゅぅ〜」

烈「ヨーテリー、まずは新しい技を試してみるんだッッ!!ダッシュ噛みつきッッ!!」

ヨーテリー「!!(コクッ)」

チェレン「ミジュマル!水鉄砲だ!」

ミジュマル「みじゅぅ〜!」



19 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:09:02.66 ID:O5Jrw08i0

ヨーテリーのダッシュ噛みつき!ミジュマルの残りHP1/2やや少なめ

※ダッシュ噛みつき(オリジナル技) タイプ:悪 威力:50 命中:100 効果:烈との特訓により鍛えられたダッシュ力で相手に突撃し喉笛目掛け噛みつく。必ず先制でき、急所に当たりやすい。

ミジュマルのみずでっぽう!ヨーテリー残りHP3/5

チェレン「烈さんのヨーテリーの技すごっ!」

烈「フフッ、私が鍛えたヨーテリーだッッ!!まだまだ未熟とは言え、負けはせんぞッッ!!」

チェレン「くっ、ミジュマル!傷薬を使うぞ!」

烈「ヨーテリー、もう一度ダッシュ噛みつきだッ!」



20 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:10:18.98 ID:O5Jrw08i0

ミジュマルは傷薬で回復した!残りHP満タン

ヨーテリーのダッシュ噛みつき!急所に当たった!ミジュマルは倒れた!

チェレン「ぐゥッ……急所……だと……?」

烈「どうしたチェレン?降参か?」

チェレン「まだ僕は負けていない!いけっ!チョロネコ!」

チョロネコ「みゃ〜おぅ」

チェレン「チョロネコ、ひっかけ!」

烈「ふぅむ……戻れ、ヨーテリー。行けッ!ポカブッッ!!」

ポカブ「ぽかぁっ!」



21 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:11:29.64 ID:O5Jrw08i0

チョロネコのひっかく攻撃!ポカブ残りHP3/5

チェレン「くっ、余り効いていない……ッッ!」

烈「決めてしまえ、ポカブッ!二段蹴りッッ!!」

チェレン「チョロネコ!諦めずにひっかくだ!」



22 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:12:43.14 ID:O5Jrw08i0

チョロネコのひっかく攻撃!ポカブ残りHP2/5

ポカブの二段蹴り!

ポカブ「ぽかぁ〜ッッ!!!」

ベチィッ!バチィッ!

効果は抜群だ!チョロネコは倒れた!

ポケモントレーナーのチェレンとの戦いに勝った!



23 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:13:43.57 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サンヨウシティ・トレーナーズスクール

烈「うむッッ!良い勝負だったッッ!!」

チェレン「また負けちゃった……まぁ、道具をどんな時に持たせておいた方が良いかとか、その辺は何となくわかったよ。」

烈「そうだな。さっきのミジュマルとヨーテリーの時など、傷薬ではなくミジュマルに体力を回復させる木の実を持たせておけば、まだ勝負は分からなかったかも知れないなッッ!」

チェレン「仰る通りさ、烈さん。あ、そうそう、これあげるよ。」

烈はオレンの実をもらった!



24 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:14:49.08 ID:O5Jrw08i0

チェレン「チョロネコにオレンの実を持たせてたんだけどさ、食べる暇なく終わっちゃった。」

烈「ふむ、有り難い。これが木の実か……有効に使わせてもらおう。」

チェレン「しかし、烈さん強いなー。何か見たことない技使ってたけど、それって烈さんが教えたの?」

烈「うむッ!私が組み手の相手をしてなッッ!!まぁまだ接触系の技しか教えられぬが、ポカブの炎の力が強まったら新しい技を教えるつもりだッッ!!」

チェレン「流石人類最強クラス……よし、僕もジムリーダーに勝てるように特訓してくるよ!実戦あるのみだからねッッ!」



25 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:15:34.81 ID:O5Jrw08i0

チェレン「それじゃ、一足お先に僕は出るよ。烈さんもジムリーダーに挑戦するんでしょ?」

烈「うむ、そのつもりだ。」

チェレン「よーし、何かヤル気が起きてきたッッ!じゃぁ僕はそこの夢の跡地で特訓してくるよッッ!!それじゃーねー!」

烈「行ってしまったか……それにしても、興味深い資料や板書がたくさんあるな。ここで学習(シュエシー)していくのも良さそうだ……ッ」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜




26 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:16:17.30 ID:O5Jrw08i0

夢の跡地・入口

烈「いやぁ、勉強したッッ!!勉強の後は運動するに限るッッ!!ここで新しいポケモンを捕獲するかッッ!!!」

お姉さん「ねぇ、そこのあなた。」

烈「稽古の邪魔をするなァッッ!!無礼者ッッ!!!」ビリビリビリ

お姉さん「ひっ……!」

烈「む……済まん、ついテンションが上がってしまって……して、何のようだ?」

お姉さん「うぅ……まぁ良いわ。あなた、私たちと一緒にポケモン鍛えましょうよ!」



27 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:18:53.86 ID:O5Jrw08i0

烈「いや、それには及ば……」

お姉さん「あ、そうだ!このポケモンあげるわ。ヤナップって言うんだけど、一緒に特訓してくれるならね!」

烈「むッ、本当に良いのか?これは貴女のポケモンなのだろう?」

お姉さん「良いの良いの!さ、あげるわ。草タイプのポケモンよ。」

烈「謝謝ッッ!!大切に育てさせて頂こうッッ!!!!」

烈はヤナップを貰った!

烈「さて、稽古だッッ!みんな出てこいッッ!!」



28 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:19:29.53 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サンヨウシティジム

バァンッ
烈「頼もおおオオオォォォォッッッッ!!!!!!」ビリビリビリ

ウェイトレス「ひぃっ」ビクッ

ウェーター「おわッッ!?」

烈「む、これは済まなかった」

ウェイトレス「ま、まぁ良いけど……挑戦者よね?」

烈「うむッッ!!」



29 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:20:40.06 ID:O5Jrw08i0

ウェイトレス「コホン、ここはサンヨウシティジム、トレーナーフルコースを楽しんでいただきます。ウェーターとウェイトレスに勝利しないと、リーダーに挑戦する事は出来ません。ちなみに、大体どこのジムも同じようなもんです。」

烈「応ッッ!!では始めさせて頂こうッッ!!!」

???「あ、お兄さーん?」

烈「む……何の用だ?」

ガイド―「自分は、ポケモンジムに挑戦するトレーナーを案内させていただくガイド―って言います。あ、これお近づきの印にあげます。」

烈はおいしいみずをもらった!

烈「おおッッ!謝謝ッッ!!」



30 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:21:31.76 ID:O5Jrw08i0

ガイド―「このジムはポケモン勝負の基本、相性を司るジムなんすよね。カーテンに書かれてるタイプに相性の良いスイッチを踏んで進めれば、多分大丈夫っすよー。」

烈「む、そんなもんか?……まぁ行ってみる」



烈「よぉしッッ!!ジムリーダーだッッ!!」

コーン「え、なになに、この人めっちゃテンション高いんですけど、大丈夫なの?」

ポッド「しーらね、ほれ、頑張れ!」

デント「……僕じゃなくて良かった……」

烈「何をゴチャゴチャ言っとるかぁッッ!!!」ビリビリ



31 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:22:31.18 ID:O5Jrw08i0

デント「ひっ」

コーン「これは失礼しました。当ジムはバトルフルコースとなっております。コースの最後はサンヨウシティジムリーダー、コーンがお相手させていただきます。」

コーン「僕たち三人は、相手が最初に何のタイプを選んだかによって誰が戦うかを決めます。そして貴方の選んだのが炎タイプだったので、水タイプが好きな僕がお相手致します。」

デント「貴方の戦いぶり見てましたが、正直言って強いですね……はっきり言って、僕敵わないかもしれません……」

ポッド「それでも僕達はタイプ相性を司るジムリーダーッッ!!相性の大切さ、身をもって知っていただきたいと思いますッッ!!!」

コーン「それでは、トライアル・トライアングルの一角、コーン!参ります!」



32 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:23:40.95 ID:O5Jrw08i0

ジムリーダーのコーンが勝負を仕掛けてきた!

BGM:http://www.youtube.com/watch?v=T-v9tXrGRfY&feature=related

烈「ジムリーダーの実力ッ!この目で確かめさせてもらおうッッ!!行けッ、ヤナップッッ!!」

コーン「行け!ヨーテリー!」

ヤナップ「やなー」

ヨーテリー「きゃん!きゃん!」

烈「ヤナップッ!まずはつるのむちだッッ!!」

コーン「うーん、これじゃ弱点は突けないですね……ヨーテリー!ふるいたてる!」



33 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:24:48.47 ID:O5Jrw08i0

ヨーテリーのふるいたてる!

ヨーテリー「グルルルルッ!」

ヨーテリーの攻撃、特攻が上がった!

ヤナップのつるのむち!ヨーテリー残りHP2/3

烈「ヤナップッ!崩拳(中段突き)ッッ!!」

コーン「ヨーテリー!噛み付けッ!!」

ヨーテリーの噛みつく!ヤナップ残りHP1/4

ヤナップの崩拳!効果は抜群だ!ヨーテリー残りHP赤ゲージ
※崩拳(オリジナル技) タイプ:格闘 威力65 命中:100 効果:中国拳法で言う中段突き。1割の確率で防御ダウン。



34 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:26:16.37 ID:O5Jrw08i0

コーン「な、何ですかその技は……!危なかったッ……」

烈「むぅッッ!耐えたかッッ!流石はジムリーダーのポケモンッッ!!!」

コーン「ヨーテリー、もう一度噛みつけ!」

烈「ヤナップ、つるのむちだ!」

ヨーテリーの噛みつく!ヤナップは倒れた!

烈「よくやったッッ!ヤナップッッ!」

烈「次はお前だッ!新たな姿を手に入れ、そして身に付けた力を見せてやれッッ!チャオブーッッ!!」



35 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:26:50.36 ID:O5Jrw08i0

コーン「うはっ、チャオブーか……こいつぁ困りましたね。よく育ってますが、先制は出来る筈。ヨーテリー、噛みつく!」

烈「舐めてもらっては困るッッ!!!チャオブー、火の粉だッッ!」

ヨーテリーの噛みつく!チャオブー残りHP2/3

チャオブーの火の粉!ヨーテリーは倒れた!

コーン「お疲れ、ヨーテリー!お次は僕の切り札、ヒヤップです!」

ヒヤップ「ひやっぷー」



36 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:27:49.17 ID:O5Jrw08i0

烈「フン、ここでタイプ相性のジムリーダーの本領発揮……かッッ!!」

コーン「そういうことです。さぁ、行きますよ!ヒヤップ、みずでっぽう!」

烈「私のチャオブーを舐めるなよッッ!!チャオブーッッ!!突っ張りッッ!!」

ヒヤップのみずでっぽう!チャオブー残りHP1/8

コーン「なッッ!?耐えただと!?」

烈「舐めるなと言っただろうッッ!!私のチャオブーは鍛え方が違うのだッッ!!!」



37 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:28:32.30 ID:O5Jrw08i0

チャオブーの突っ張り!

ビチィッ!バシィッ!ドシィッ!バチィッ!ドムッ!

五回当たった!ヒヤップは倒れた!

コーン「げ、うっそぉん……」

ジムリーダーのコーンとの勝負に勝った!




38 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:29:09.47 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

コーン「いやぁ、完敗です……あそこまで叩きのめされるとは……」

烈「いや、素晴らしい勝負だったッッ!!私のポケモンが一体でも倒されるとは初めてだからなッッ!!」

コーン「(え、うっそでー……嘘だよな?)はい、じゃぁこれ、ジムリーダーに勝った証であるトライバッジです。」

烈はトライバッジを手に入れた!

烈「これがジムバッジ……ッッッ!!!」

コーン「僕らはイッシュ地方では駆け出しのジムリーダーで、まぁ言っちゃえば一番弱いわけですよ。他のジムリーダーはもっともっと強い……とほほ、もっと鍛えとかないとなぁ……」



39 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:29:52.42 ID:O5Jrw08i0

烈「なに、その気持ちがあれば、すぐに駆け出しジムリーダーなんて呼ばれなくなるさッッ!」

デント「そうだね、コーン。これにめげずに、また頑張ろうか。」

ポッド「それにしても、この短期間に三人ともやられるなんてねぇ……いや、本当に鍛えないと不味いかなww」

烈「ところで、三人にお聞きしたい事がッッ!!」

デント「はい……何でしょ?」

烈「私は実は、まるまるうしうしッッ!!」




40 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:31:29.89 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
コーン「たまげたなぁ……そんな事が本当にあるんだなぁ……」

デント「確かに烈さん、ちょっと他の人と空気違うっぽいもんなぁ……」

ポッド「そう言えば、どっかの地方に空間を司る伝説のポケモンがいるとかどうとか……」

烈「〜〜〜ッッ!!!それは真かッッ!?」

コーン「それってシンオウの事だろ?あれは何年か前の話だから……烈さんの件と繋がってるとは考えにくいよ。」

ポッド「そうだよなぁ……」

デント「ショボーン」



41 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:32:31.21 ID:O5Jrw08i0

コーン「烈さん、僕らもジムリーダーをやりながら情報を集めてみます。何か分かったらアララギ博士を通して連絡させてもらいますので、それまで烈さんも旅をしながら手掛かりを集めていてください。」

デント「そうですね。もしかしたら挑戦者から何か有意義な情報が聞けるかもしれないし……」

ポッド「そう言う事で良いですか?」

烈「十分だッッ!!貴方達のご厚意、痛み入るッッ!!!」

コーン「いえいえ、そんな大げさな」

デント「ジムリーダーとして」

ポッド「当然ですよねー」



42 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:35:18.04 ID:O5Jrw08i0

烈「謝謝ッッ!!!では、私はまた次の町へ向かう。君達、稽古を怠らんようになッッ!!!」

三人「はいッッ!!!」

コーン「あ、これあげます。奮い立てるって技の技マシンなんですよ。」

烈「むッッ!技マシンかッッ!!そう言えば私もいくつか所持しているぞッ!有り難く頂いていくッッ!!!」




43 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:36:48.65 ID:O5Jrw08i0

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
サンヨウジム前

烈「うむッッ!!良い調子だッッ!!!この調子で次の町のジムも……」

ドォンッッ

烈「オワァッ!救命阿ッッ!!」

???「ぎゃんっ!」

烈「むぅ……誰だァッ!?前を見て走らんかァッ!!!」

???「いてて……ごめんなさい……あ、もしかして貴方、烈さん?」

烈「いかにも……貴女は?」



44 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:37:47.67 ID:O5Jrw08i0

???「私の名前はマコモ!アララギ博士に頼まれて、あなたに渡すものがあるんです。」

烈「蘭博士から……それはかたじけないッ!」

マコモ「そんじゃ、ちょっと付いてきてくれる?」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

サンヨウシティ・マコモ宅 二階マコモ研究室

マコモ「改めて自己紹介するわね!私の名前はマコモ。ご覧のとおりの研究家。ちなみに研究してるのはトレーナーについてなの!」

烈「ほゥ……トレーナーについて、ですか……」

マコモ「で、アララギ博士とは大学時代からの友達でねアナタたちの手助けを頼まれたんだ!ということで!アタシからのバックアップよ。このひでんマシンをどうぞ!」



45 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:39:22.48 ID:O5Jrw08i0

烈はひでんマシン01いあいぎりをもらった!

「ポケモンが覚える技には戦っていないときでも使える技があるの!そのひでんマシンでいあいぎりという細い木を切ることができる技を覚えさせることができるわ(ry」

烈「ひでん技……成程ッッ……」

マコモ「……ただ ひでんは覚えさせると忘れるのが大変だけどね……昔はリザードンとかフシギバナに……ウッ……」

烈「?」

マコモ「で、手助けじゃなくてお願いしてもいいかな?」

烈「手伝いッッ……私は一向に構わんッッ!!!」




第三話『ジムリーダー』終わり

第四話『夢のポケモン』に続く



47 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:42:20.49 ID:O5Jrw08i0

終わりです

お付き合い頂きありがとうございました
レスもらえるだけで、結構ヤル気起きます

次回更新は火曜日くらいになるのかな?
まだ未定です

では、このスレでまたお会いしましょう
質問あったら受け付けます



48 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 15:43:08.22 ID:JqFNanb20

まるまるうしうしwwwwwwwwwwwwwwwwww


49 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 15:45:07.99 ID:PWzRgslDO

>>1乙華麗ッッッッ
オリジナル技がパねぇwwww



50 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 15:46:24.47 ID:B53QRkGpo

乙ッ

転蓮華に期待



52 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/13(日) 15:48:39.11 ID:O5Jrw08i0

ちなみに現在の烈の手持ち

・チャオブーLv.18 ゆうかんな性格 特性:猛火
技:二段蹴り、火の粉、ニトロチャージ、突っ張り

・ヨーテリーLv.15 意地っ張りな性格 特性:やる気 
技:ダッシュ噛み付き、睨み付ける、突進、奮い立てる

・ヤナップLv.15 無邪気な性格 特性:食いしん坊
技:つるのむち、崩拳、睨み付ける、乱れ引っ掻き



53 VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2011/02/13(日) 15:55:05.18 ID:ZDSi4D6eo

各一つずつなにかがおかしいな


72 1 ◆1P01ZSpDK. 2011/02/14(月) 14:15:47.43 ID:U/yiyPUL0

>>1です
何人かの方から御指摘ありましたが、烈はポケモンをボックスに預けてます
アララギ博士にポケモンセンターの存在を教えて貰ったときに、いたく感動しながら使ってました

烈は少数精鋭主義なので、しばらく手持ちは6匹になることはありませんが、私の中で既に最終パーティは固まってます

これからも烈さんとベル達の旅を見守ってあげてください




元スレ
烈海王[ポケモンッッ!!』其の二
元スレ
烈海王「ポケモンッッ!!」



スポンサーサイト

2014.02.09 Sunday││-│-│

コメント欄

コメントする






##