RSS

スポンサーサイト

2014.02.09 Sunday││-│-│

一定期間更新がないため広告を表示しています


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 22:53:32.43 ID:wwgjdHBS0

ガブリアス「ちっ…」

フライゴン「返事がねーんだけど?」

ガブリアス「はいはい分かりましたよ先輩」スタスタ

フライゴン「けっ…種族値だけが取り柄の不細工が」


5:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:00:28.48 ID:wwgjdHBS0

カイリュー「ウィーッス」

フライゴン「あ、先輩チィーッス」

カイリュー「俺とお前交代だってよ。もう少ししたらお呼び掛かるぞ」

フライゴン「うっす。今日もスカーフでばっちり決めて来ますよ」

カイリュー「あれ? ガブどこ行った?」

フライゴン「あぁ、アイツならパン買いに行ってまだ戻ってませんね。ったく、S102は飾りかってーの」

カイリュー「あんま虐めてやんなよ」

フライゴン「教育ッスよ教育」

ガブリアス「ただいまー…って、お帰りなさいカイリューさん」

フライゴン「ガブ、俺急いでっからパン寄越せ」

10:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:06:02.90 ID:wwgjdHBS0

ガブリアス「あ、どうぞ」

フライゴン「…何これ」

ガブリアス「は? 先輩の好きなメロンパン(ナッシーミルク入り)っすけど」

フライゴン「ジュースだよ。俺今日はヤチェ味じゃなくてハバン味の気分だったんだけど」

ガブリアス「…先に言えよグラサン野郎」ボソッ

フライゴン「あ?」

ガブリアス「なんすか? やるんすかS100の先輩」

15:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:10:36.02 ID:wwgjdHBS0

カイリュー「おいもう止めとけって! ラティ! お前も見てねーで止めろよ!」

ラティオス「好きにやらせとけよ。俺妹とデートだから」

カイリュー「ったくこれだから徘徊は…」

フライゴン「ボックスウォーマーが何言ってんの? ご主人サマに道具も与えてもらえずに隅に追いやられたお前がよぉ」

ガブリアス「そうっすね。そのスカーフ俺のお下がりですもんね」

18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:13:57.41 ID:wwgjdHBS0

カイリュー「おい手来たぞ! 大人しくしとけ!」

フライゴン「ちっ。お前後で瀕死にすっから覚えとけよ」

ガブリアス「先輩も礫で死なない様に気を付けてくださいね。前みたいに泣かれても困るんで」

カイリュー「はぁ…」

23:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:20:06.18 ID:wwgjdHBS0

クリムガン「フライゴン先輩マジ怖ぇー…」

ジヘッド(右)「あの人こないだまでスゲェdisられてたからな」

クリムガン「でもあの変わり様は異常じゃね? 何か人格とか面影ねーじゃん」

ジヘッド(左)「鬱憤溜まってたんでしょうねぇ。アタシに言ってくれたら…」

クリムガン(キメェ…)

カイリュー「お前ら何コソコソしてんだ。こっち来い、飯だぞ」

クリムガン「あ、ウィーッス!」

24:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:24:43.65 ID:wwgjdHBS0

ボーマンダ「ラティ兄妹はどこ行ったんじゃ?」

カイリュー「デート。最近お呼びかからないからってイチャイチャしやがって…」ブツブツ

ボーマンダ「若いのぉ…」

チルタリス「同年代でしょ。あ、ガブ君これ美味しいよ」

ガブリアス「あ、あざっす」

オノノクス「先輩顔真っ赤ッスよwwwwwwwクリムガンみたいになってるwwwwwwww」

ガブリアス「うっせ!」

25:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:28:10.94 ID:wwgjdHBS0

キングドラ「ただいまー」

チルタリス「あ、お帰りなさいキングさん。仕事もういいんですか?」

キングドラ「うん。PT変えるんだってさ」

チルタリス「じゃ、じゃあフライゴン君も…」

キングドラ「あいつは続投だってよ」

チルタリス「そうですか…」

ガブリアス「…」

29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:35:27.27 ID:wwgjdHBS0

ボーマンダ「アイツと一緒に飯食ったのはどれくらい前だったのかのぉ…」

クリムガン「年末に伝説サン達と飲んだ時じゃないっすか?」

ジヘッド(右)「あーあの時はフライゴンさんも浮遊だったんだよな」

ガブリアス「…もうアイツの話は止めろよ。飯がマズくなる」

カイリュー「おいガブ…」

キングドラ「いや、俺もアイツに関してはちょっと言いたい事あんだよね。最近天狗になってるって言うか」

32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:41:13.80 ID:wwgjdHBS0

ガブリアス「そうっすよね。ノーガード地割れが強いのは分かりますよ? でもあの態度は無いんじゃないっすか」

キングドラ「さっきPT入れ替えで俺が手持ちから離れる時アイツ何て言ったと思う? 『グドラ先輩は雨下でぶっぱしてりゃいいから楽でいいですね』だと。みがしばすんぞっての」

チルタリス「うそ…そんな…」

ガブリアス「そういう奴ですよ。アイツ昔は根暗のぼっちだった癖に――」

カイリュー「もう止めろ! 仲間だぞ!」

ガブリアス「…スイマセン」

42:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:51:08.76 ID:wwgjdHBS0

ガブリアス「俺もう戻ります。トレーニングあるんで」

カイリュー「…」

クリムガン「ガブ先輩荒れてんなぁ」

ジヘッド(右)「カイリュー先輩カッコいい…」

オノノクス「ねー爺ちゃんガブ先輩の食べ残し食っても良い?」

ボーマンダ「いいんじゃないか」

チルタリス(ガブ君…)

48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/03/31(日) 23:58:51.52 ID:wwgjdHBS0

ガブリアス「ちっ…クソが」

ラティオス「ん? ガブか。どうした」

ガブリアス「ラティ先輩…何でも無いッスよ。妹さんとデートじゃなかったんですか?」

ラティオス「それがさぁ…プレゼントに心の滴渡したら『これ要らない』って言われてさぁ…」

ガブリアス「残念でしたね」

ラティオス「まぁそんな我儘な所も可愛いんだけどな。んで? お前何してんだよ」

ガブリアス「いや…ちょっと」

ラティオス「あー…チルタリスか?」

ガブリアス「は、はぁ!? な、何でチルさんが出てくるんっすか!」

49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:04:23.53 ID:ap+S+a9v0

ラティオス「顔見ればわかるって。どうせフライゴンの話題でも出て荒れたんだろ?」

ガブリアス「そうですけど…チルさん関係無いじゃないっすか」

ラティオス「まぁまぁそんな鮫肌すんなって。お前の事はよーく分かってるから」

ガブリアス「…」

ラティオス「この恋愛マスターに話してみろって」

ガブリアス「…妹さんとの経験しかない癖に」

ラティオス「うっせ」

54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:09:56.81 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「…チルさんとアイツってどういう関係なんですか?」

ラティオス「んー…昔からの腐れ縁って奴だな。お互いその…不遇だったんでよく二人でつるんでたな」

ガブリアス「付き合ってたんすか?」

ラティオス「それはわかんねぇけど。少なくともお互い好きではあったんじゃねーの? でも今はどうだか…」

ガブリアス「…アイツのせいですね」

ラティオス「そう言うなって」

ガブリアス「…何なんですか。アンタもカイリューさんも…何であんな奴かばうんっすか!」

56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:14:27.80 ID:ap+S+a9v0

ラティオス「仕方ねぇよ。アイツがああなったのも、俺やお前の責任でもある」

ガブリアス「はぁ!?」

ラティオス「不遇不遇…フリャだの劣化だのゴミだの散々言われてたアイツだ。強特性手に入れて調子に乗るのもしゃーないだろ」

ガブリアス「でも…」

ラティオス「カイリューの奴も昔はデブだの間違い進化だの不細工だのブタだの言われてたしな。フライゴン庇う気持ちも察してやれ」

ガブリアス「…」

62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:19:29.53 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「でも俺は…」

ラティオス「ま、それも暫くしたら治るだろ。今頃パルシェンさんに掘られてんじゃねーの?」

ガブリアス「あの人マジ怖いっすよね」

ラティオス「あの人もこないだ救済されてから暴れてたらしいからなぁ…」

ガブリアス「氷ボックスの方で相当やったらしいですね。フリージオの奴無茶苦茶割られてましたよ」

ラティオス「かき氷喰いてぇ」

ガブリアス「俺も何か腹減ったッス。氷ボックス行ってバイバニラ食いましょうよ」

ラティオス「お前ノオーに殺されっぞ…」

66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:25:03.07 ID:ap+S+a9v0

チルタリス「…あ! お帰り!」

フライゴン「おう」

チルタリス「お疲れ様。ご飯食べる? もう残りしかないけど…」

フライゴン「いらね。モーモーミルクと美味しい水しこたま飲んだし…うっぷ…」

チルタリス「フリャ君? 酔ってる?」

フライゴン「ッ! 俺をその名前で呼ぶんじゃねーよ!」ドンッ

チルタリス「ピィィィー!」

72:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:31:52.83 ID:ap+S+a9v0

フライゴン「俺はフライゴンだ! フリャでもフライゴミでもねぇ!」

チルタリス「で、でも『フリャ』は子供だった頃に二人で決めたあだ名じゃ…」

フライゴン「うるせぇ!」ドンッ

チルタリス「ピィィィー!」

フライゴン「俺は、俺はドラゴン最強になったんだ…もうあの頃の俺じゃないんだ!」

チルタリス(フリャ君…)

フライゴン「…なぁチル。いつもみたいにしてくれよ」

チルタリス「…ごめん。私帰るね」

フライゴン「あぁ!? お前何言ってんだよ! コットンガードしろって言ってんだよ! いつもみたいに確一で天国見させてやるから!」

チルタリス「…今のフリャ君、最低!」

フライゴン「お、おい! 何なんだよ! クソ…!」

84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:42:49.17 ID:ap+S+a9v0

バイバニラ「」

ガブリアス「ぷっはー…食った食った」

ラティオス「美味かったな」

ガブリアス「ついでに草の方行ってトロピさんのバナナ食べましょうよ」

ラティオス「お、いいな。でもアイツ今飛行ボックスいるらしいぞ」

ガブリアス「飛行ボックスっすか。近いしさっさと行きましょ」

ラティオス「だな。ノオーに見つかったらヤバいし」

ユキノオー「…」

ガブリアス「あ」

87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:46:54.39 ID:ap+S+a9v0

ユキノオー「…」

ガブリアス「ヤバイっすよ何か怒ってませんあの人…」

ラティオス「じゃあ俺先行ってるから!」

ガブリアス「あ! ズルイっすよ先輩! 自分空飛べるからって!」

ラティオス「うっせー!」

ユキノオー の ふぶき!

ラティオス「」

ガブリアス「せ、センパーイ!」

93:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:55:58.95 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「くっ…! この野郎…!」

ガブリアス の だいもんじ!
ユキノオー は きあいのタスキでもちこたえた!
ユキノオー の ふぶき!

ガブリアス「ぎゃあああああああ――って、アレ? ギリギリ残ってる…あ!」

ガブリアス(フライゴン先輩が捨てたヤチェジュース飲んだおかげか! あっぶねー!)

あられ が ガブリアス を おそう!

ガブリアス「」

95:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 00:59:41.42 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス(痛ってぇ…もう無理…死んだ…)

?「え? が、ガブ君!? ラティも! 何でこんな所に!?」

ガブリアス「え…?」

チルタリス「すいませんウチの子が迷惑かけたみたいで…」

ユキノオー「…」

チルタリス「ふぅ…。と、とりあえず乗って! ウチ来て治療しなきゃ! ラティも凍ってるし…!」

ガブリアス「何で…」

102:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:04:21.53 ID:ap+S+a9v0

チルタリス「大丈夫?」

ガブリアス「…うっす」

ラティオス「いやー助かったわ。ノオーの野郎次会ったらめざパで焼いてやる…!」

チルタリス「何言ってるの。二人がバイバニラ君食べたのが原因でしょ」

ガブリアス「すいません…。それで、あの…ここ飛行ボックスですよね?」

チルタリス「うん。私の実家」

ラティオス「こいつ進化前は飛行ノーマルだからな」

106:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:08:50.02 ID:ap+S+a9v0

ラティオス「丁度いいや。トロピのバナナ取ってくるから待ってろよ」

チルタリス「あ! もう…」

ガブリアス「あの…何でここに運んだんですか?」

チルタリス「…実は私、こっちに戻ろうかなって」

ガブリアス「はぁ!? な、なんでいきなり…」

チルタリス「私、ドラゴンの中じゃ落ちこぼれでしょ? ご主人様も全然使ってくれないし」

ガブリアス「それは…」

111:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:12:55.74 ID:ap+S+a9v0

チルタリス「いいの。でもたまにはバトルにも出たいし、こっちに居たら飛行統一とかで使ってくれるかなー…なんて」

ガブリアス「…」

チルタリス「でも、もうフリャ君とは会えないのかな…。まぁ自分から出て来たんだけど…」

ガブリアス「…アイツと何かあったんすか?」

チルタリス「…」

ガブリアス「ッ! あの野郎!」

チルタリス「止めて!」

113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:20:19.95 ID:ap+S+a9v0

チルタリス「いいの…変わったフリャ君を受け止められなかった私が悪いの…」

ガブリアス「でも…!」

チルタリス「私はもうフリャ君の傍にはいられないよ…マイオナの私じゃ…」

ガブリアス「…だったら! 俺が…!」

チルタリス「?」

ガブリアス「――俺が、アイツを倒す。そして、目を覚ましてやる!」

118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:22:58.12 ID:ap+S+a9v0

ラティオス(二人っきりにしてやったけどガブの奴上手い事やってるかなー)

トロピウス「ははは」

ラティオス「お。いたいた。誰かと話してんのか? おーいトロピ――」

ラティアス「もーやだトロピさんったらー」

トロピウス「はは。本当ですよ」

ラティオス「はあああああああああ!?」

127:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:26:35.57 ID:ap+S+a9v0

トロピウス「ん? あぁオスか」

ラティアス「げ…」

ラティオス「え? ちょ、え? 何やってんの?」

ラティアス「別に。兄貴には関係無いじゃん」

ラティオス「は? あ、え? と、トロピと会ってたの? 何で?」

ラティアス「だから! 兄貴には関係無いでしょ!」

トロピウス「たまたま会ったから話してただけだ」

142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:31:51.05 ID:ap+S+a9v0

ラティオス「アス、お前家帰ってたんじゃ…」

ラティアス「トロピさんに会いに来ちゃいけないの?」

トロピウス「何だ。そうなら言ってくれればいいのに」

ラティアス「だってはしたない娘だって思われたらやだし…」

トロピウス「なに、お嬢さんはお転婆な方が可愛いですよ」

ラティアス「そ、そうですか!? 嬉しい…」

ラティオス「いやいやいやいや」

ラティアス「ちっ…何? お金? てか何でいるの?」

ラティオス「お、お前こそ何でこんな秘伝要員の所に!」

143:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:37:15.32 ID:ap+S+a9v0

ラティアス「は? 最近は壁張って退場ばっかのアンタが言えるの?」

ラティオス「ぐっ…! ぱ、PTにとって大切な仕事だ!」

ラティアス「それなら秘伝要員だってストーリーじゃ大切じゃない」

ラティオス「それは…」

ラティアス「あーもうやだコイツ。それに比べてトロピさんはイケメンだし紳士だしバナナおっきいし」

トロピウス「じゃあ今夜、どうだい?」

ラティアス「もうトロピさんのえっち…」

ラティオス「う、うわああああああああああああ」

ラティオス の りゅうせいぐん!

150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:43:14.22 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「な、何だ?」

チルタリス「ちょ、ガブ君さっきの…」

ガブリアス「と、とにかくチルさんドラゴンの方戻って来てください!」

チルタリス「う、うん…」


ガブリアス「何だこれ…ピジョットさん! ピジョットさ…し、死んでる…」

ガブリアス「まさか…先輩!」

153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:48:03.98 ID:ap+S+a9v0

ラティオス「うわああああああああ!!」

ラティオス の りゅうせいぐん!

ラティアス「はいはい…」

ラティアス の じこさいせい!

ラティオス の りゅうせいぐん!

ラティアス の じこさいせい!

ラティアス(あーもう面倒くさ…コイツもうC限界まで下がってんのに…)

ラティアス(トロピさん逃げちゃうし、流れ玉でピジョットさん落ちてっちゃったし…もう最悪)

ラティアス「殺るか…」

161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 01:55:44.18 ID:ap+S+a9v0

ラティアス の めいそう!×6

ラティアス「ばいばい兄貴…!」

ガブリアス「ちょ、アス先輩! 何やってるんですか!」

ラティアス「は? ガブじゃん。何でいんの?」

ガブリアス「ま、まぁ色々あって…てか6積みとか危ないですって!」

ラティアス「…だったらそのバカどうにかしてよ」

ラティオス「捨てないでくれよおおおおおおお」

ガブリアス「」

173:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:06:19.14 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「あーもういい歳こいてシスコンなんだから…」

ラティアス「マジキモイ」

ラティオス「うわああああああああ!」

ラティオス の りゅうせいぐん!
ガブリアス の げきりん!

ラティオス「」

ガブリアス「ふぅ…」

ラティアス「やるじゃん。そういえばガブって顔はアレだけど意外と…」

ガブリアス「止めてくださいよ…」

180:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:10:13.73 ID:ap+S+a9v0

ラティアス「そういえば何で二人ともいるの?」

ガブリアス「ちょっと遊んでたら色々あって…」

ラティアス「ふぅん」

チルタリス「みんなー!」

ラティアス「あ! チルちゃん聞いてよウチの馬鹿がさー」

ガブリアス「帰ったんじゃ…」

チルタリス「だって心配で…」

ガブリアス「う、うっす。すいません」

ラティアス「ふぅん…そういう事」

185:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:14:28.92 ID:ap+S+a9v0

チルタリス「それで…さっきの事なんだけど…」

ガブリアス「…はい」

ラティアス「え? 何? 告白したの!?」

ガブリアス「俺、本気っすから。アイツ、ボコボコにします。それでチルさんに謝らせてやりますから」

チルタリス「…ガブ君、ありがとう。ありがとう」

ラティアス「ちょっと兄貴! 何? 何なのアレ!」

ラティオス「…」

191:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:18:34.68 ID:ap+S+a9v0

その頃ドラゴンボックス

カイリュー「おいフライゴン。入るぞ」

フライゴン「…」

カイリュー「これは…お前…! またご主人様のボックスからモーモーミルクを!」

フライゴン「ばれやしませんよ…。それで何なんですか」

カイリュー「…チルタリスが出て行った。実家に戻るそうだ」

フライゴン「…そうっすか」

カイリュー「お前…変わったな」

198:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:26:11.96 ID:ap+S+a9v0

フライゴン「はぁ?」

カイリュー「お前は、俺みたいにはならないと思ってたのにな…」

フライゴン「――あああああ何なんだよ! 見下してんじゃねぇよ600族!」

カイリュー「落ち付け!」

フライゴン「俺は、俺は強くなくちゃいけないんだ…! じゃなけりゃ俺達ポケモンはゴミなんだよ!」

カイリュー「だからと言って仲間を…」

フライゴン「誰だってそうさ! アンタだってそうだったろう! マルスケ手に入れて調子に乗ってたアンタだって!」

203:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:31:19.90 ID:ap+S+a9v0

カイリュー「だからこそお前はと思っているんだ! フライゴン!」

フライゴン「うるせぇ! 俺より優れたドラゴンなんていねぇ! それでいいんだ!」

カイリュー「チルタリスに同じ台詞が言えるのか!」

フライゴン「っ!」

カイリュー「…落ち付け。よく考えろ。いいな」

フライゴン「…………ちくしょう」

210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:36:41.73 ID:ap+S+a9v0

翌日

クリムガン「あ! フライゴンさんチィーッス!」

オノノクス「今日もグラサンかっけぇっすwwwww特性色眼鏡って感じでイカしてるっすwwwww」

フライゴン「おう…」

ボーマンダ「おはよう」

フライゴン「うっす。チルは…って、出て行ったんだっけ」

ボーマンダ「アレならラティ兄妹とガブと一緒に朝方帰って来てたぞい。お盛んじゃのう」

フライゴン「…あ?」

214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:41:55.85 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「お、おぶってもらってすいませんでした…」

チルタリス「いいよいいよ。私の方がお姉さんだし」

ラティアス「起きろよ兄貴。いつまで乗っかってんだ金出せよお前」

ラティオス「」

フライゴン「チル!」

チルタリス「あ…」

ガブリアス「…」

フライゴン「…お前、チルと…」

217:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:49:05.41 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「…フライゴン先輩。俺と1150しませんか?」

フライゴン「あ? 何言ってんだお前」

ガブリアス「アンタ最近調子乗り過ぎだから潰すって言ってるんすよ」

フライゴン「誰に口聞いてんだ」

ガブリアス「お前だよ」

フライゴン「…上等。瀕死にしてやる」

ガブリアス「はっ…そっちこそ誰に口聞いてんすか。歳はアンタが上でも実践じゃ俺のが上ですよ」

チルタリス「…」

ラティアス(一人のオンナをめぐっての争い…いいなぁ)

220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 02:56:35.15 ID:ap+S+a9v0

カイリュー「は? 1150!?」

クリムガン「らしいっすよ! マジ燃えるッス!」

キングドラ「おいおいヤバくね? どうすんだよカイリュー」

カイリュー「…いや、いいんじゃないか? やらせてみよう」

キングドラ「まぁお前が言うならいいけどさ…どうすんだよ。フライゴンの奴…」

カイリュー「アイツなら大丈夫だ。きっと」

ボーマンダ・オノノクス「朝ごはんマダー?」

224:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:04:02.78 ID:ap+S+a9v0

カイリュー「ここか」

ジヘッド(右)「あ! 遅いっすよー!」

ジヘッド(左)「えー!? トロピさんアスちゃん置いて逃げちゃったの!?」

ラティアス「マジあり得ないよねー。もう二度と会ってやらないし」

ラティオス「ちょっ!? 今まで会ってたのか!? いつ!?」

チルタリス「マンダとオノノ君は?」

クリムガン「飯食ってから来るらしいっす」

キングドラ「お、始まるぞ」

229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:10:37.76 ID:ap+S+a9v0

フライゴン「道具、持ってんのか?」

ガブリアス「チルさんとお出かけしたついでにある人に頼んで貸してもらったんでご心配無く。先輩はまた俺のお下がりのスカーフっすか?」

フライゴン「…ふん」

ガブリアス「けっ…」


チルタリス「フリャ君…ガブ君…」

244:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:23:05.82 ID:ap+S+a9v0

フライゴン が しょうぶをしかけてきた!

ガブリアス(さて…!)

ガブリアス は ふうせんでういている!

フライゴン「…」

ガブリアス(スカーフ地割れだろ! 甘いんだよ!)


カイリュー「風船か…」

キングドラ「メタってますね」

248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:27:34.02 ID:ap+S+a9v0

ラティアス「あらー…フラ君自慢の地割れ打てないじゃん」

ラティオス「…」

カイリュー(フライゴン…)

ガブリアス「いくぞ!」

ガブリアス の ダブルチョップ!

ガブリアス「は? 遅っ…」

フライゴン「っ! 痛ぇな!」

ハバンの実 は わざのいりょくをよわめた!
フライゴン の りゅうせいぐん!!
ガブリアス の ふうせんがわれた!

257:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:40:15.08 ID:ap+S+a9v0

キングドラ「おい…これガブ詰んでね?」

カイリュー「フェイントでフライゴンの勝ちだな」

チルタリス「…」


フライゴン「どんな気分だ、ガブ。お前なんて地割れ無しで良いハンデなんだよ!」

ガブリアス「…」

フライゴン「何とか言えよ!」

ガブリアス「…正直、ずっと舐めてました。劣化だって思ってました」

フライゴン「その劣化にやられる気分はどうだよ! ああ!?」

271:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:50:49.78 ID:ap+S+a9v0

フライゴン「俺には先制技があるんだ! 浮遊で地面も無効なんだ! 必中技もある! 補助技だって! なのにどいつもこいつもお前と俺を比べやがって! 俺は俺だ! お前の劣化じゃねぇ!」

ガブリアス「…でも、俺の方が種族値高いッス」

フライゴン「知ってるよ!」

チルタリス「フリャ君…」

フライゴン「お前、フェイント耐える気か?」

ガブリアス「耐えて逆鱗で、俺の勝ちっす!」

フライゴン「確定一だ!」

ガブリアス「先輩の性格臆病でしょ? それにAも振ってない…耐えます!」

282:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 03:57:35.30 ID:ap+S+a9v0

フライゴン の フェイント!

ガブリアス「ぐっ…!」

フライゴン「落ちろ…落ちろ…!」

ガブリアス(そういえば…フカマルだった頃、フライゴン先輩と戦った事あったなぁ…)

ガブリアス(そうだ、あの時も…フェイントで、こうやって…)

ガブリアス は たおれた!

ガブリアス(やられたんだった…)

290:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 04:03:23.06 ID:ap+S+a9v0

フライゴン「…どうだ」

ガブリアス「…負けました」

フライゴン「俺、強いだろ」

ガブリアス「…うっす」

フライゴン「ノーガードなんて無くても、俺は、強いんだ」

ガブリアス「…鉢巻逆鱗ならハバン貫通で確一でしたけどね」

フライゴン「だったらスカーフ地割れで一撃だ」

ガブリアス「だったら俺もスカーフで」

フライゴン「は? 襷持つわ」

ガブリアス「ダブチョ撃ちます」

フライゴン「やっぱスカーフ地割れだ」

293:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01(月) 04:09:18.51 ID:ap+S+a9v0

キングドラ「おい、何か言い合ってるぞ」

ラティオス「いいんじゃないですか。喧嘩してるわけじゃなさそうだし」

カイリュー「フライゴンに足りないのは自信だ。今まではただのストレス発散でバトルをしてきたが、ガブに勝って、少しだけマシになったか」

オノノクス「地震なら持ってるじゃないっすかwww俺の方が高火力ですけどwwwww」

フライゴン「いい加減にしろよ鮫野郎! お前鮫の癖に地面名乗ってんじゃねぇよ!」

ガブリアス「先輩こそ見た目虫じゃないっすか!」

300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01 04:16:06 ID:ap+S+a9v0

ラティアス「あれでいいの? チルちゃん」

チルタリス「…うん。今のフリャ君見てたら、私でもカイリューさんに勝てる気がしてきた!」

カイリュー「ほう」

チルタリス「…や、やっぱりマンダで!」

ジヘッド(右)「いーなー…何か俺もバトルしたくなってきた」

ジヘッド(左)「アタシら輝石要員だしねぇ…」

クリムガン「俺はまひるみあるし!」



キングドラ「んじゃ1150やるか?」 オノノクス「先輩雨降らさなきゃwww雨乞いしなきゃwwwww種族値www」

307:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01 04:23:31 ID:ap+S+a9v0

チルタリス(その後、皆でバトルをしました。カイリューさんとラティ君がガチしたり、アスちゃんとマンダが詰み合戦したり…私はコットンガン詰みでクリムガン君と泥試合したり…)


フライゴン「…ごめんチル! 俺が悪かった!」

チルタリス「ううん。私、フリャ――フライゴンの事、分かってたのに、何にもしてあげられなくて…」

フライゴン「フリャでいい」

チルタリス「…フリャ君!」

ガブリアス「…」

316:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01 04:28:52 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「…はぁ」

ラティアス「良かったの?」

ガブリアス「…はい。あの人が幸せならそれで」

ラティアス「ふぅん…(コイツ意外と可愛いかも…)」

フライゴン「おーいガブ!」

ガブリアス「あ、はい。何すか」

フライゴン「パン買って来てくれね?」

ガブリアス「…は?」

フライゴン「いや、チルと仲直りの印にでかけるから。俺用意あるし、お前の方が早いし。ダッシュな」

ガブリアス「…」

323:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01 04:33:24 ID:ap+S+a9v0

ガブリアス「ざけんな自分で行け!」

フライゴン「いいじゃねーかケチ臭いな!」

ガブリアス「馴れ馴れしいんだよ!」

フライゴン「あ? 地割れすんぞ?」

ガブリアス「やってみろ!」


ドラゴンボックスの喧騒は今日も続く――

お    わ    り

330:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/04/01 04:36:10 ID:ap+S+a9v0

終わりで
ホントは増田とゲーフリに改造されたフリャを倒す為にフェイントを会得したガブの話だったのに…


元スレ
フライゴン(特性:ノーガード)「ガブ、パン買って来いよ」

スポンサーサイト

2014.02.09 Sunday││-│-│

コメント欄

イイハナシダナー
ボックスのなかのポケモン同士の日常とか妄想すると楽しいよね
おもしろい

Comment by @ 2013/04/01 9:16 PM * No.23238


面白かった

Comment by Comment by @ @ 2013/04/01 10:19 PM * No.23240


ガブ上げやな

Comment by @ 2013/04/01 11:53 PM * No.23241


面白かったわw

Comment by @ 2013/04/02 12:00 AM * No.23242


フリャいきがりすぎワロタ
>>330の方が面白そうだったな

Comment by た @ 2013/04/02 10:09 AM * No.23245


パルシェンに掘られる噴いたwww
スカーフつららばりでだいたいのドラゴンはおっちぬからなー

Comment by   @ 2013/04/02 12:37 PM * No.23246


ワロタw
自分もトロピのばなな食ってみたい

Comment by @ 2013/04/02 7:37 PM * No.23249


バイバニラ食うなしwww
マンダさんが老いて一線引いてる雰囲気なのが
おかしいやら物悲しいやら…

Comment by あ @ 2013/04/02 11:04 PM * No.23250


これは面白いwww
俺は、にわかだけどこれは面白いw

Comment by にわか @ 2013/04/03 8:47 AM * No.23253


サザンドラいなくね?

Comment by Comment by @ 2013/04/03 2:10 PM * No.23254


サザンドラはまだ若くてジヘットから進化できてないんだよたぶん。

Comment by   @ 2013/04/04 8:25 AM * No.23261


面白かった!チル姉さんかわええ

Comment by c @ 2013/04/04 8:51 PM * No.23266


ここのコメ欄が平和すぎて泣いたwww

Comment by s @ 2013/04/14 9:42 AM * No.23338


やべぇマジ面白い最高

ほかのも作ってほしいです

Comment by あいうえお @ 2013/04/14 12:12 PM * No.23339


実際にフライゴンがノーガード地割れを習得するとどうなるか。
いっけんスカーフまいてじわれ連打で最強に見えるだろうが
作中にもあったようにまずカイリューやボーマンダをはじめとした
ひこうタイプ持ちには当たらない。ノーガードにはかたやぶりの効果は持ち合わせていないので
がんじょう持ちには簡単に止められてしまう。
しかし、技更正がりゅうせいぐん、じわれ、フェイント、とんぼがえりならかなり強力で、相手に苦しい選択を迫れる。
ドラゴン相手ならりゅうせいぐん、当たるなら地割れ、
相性がわるければとんぼとかなり有利に立ち回れる。
すくなくともいまよりずっと使われる率は上がるだろう。
が、対策にふゆうもちやふうせん持ちが増えるのはまちがいない。

ガブの使用率が下がるかといわれると微妙だが

Comment by こ: @ 2013/11/18 7:18 AM * No.24114


おい。
なんでフライゴンこだわりのはずなのにりゅうせいぐんの後フェイントできた

Comment by かじ @ 2014/01/13 10:11 PM * No.24157


コメントする






##